お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月

29

テスト駆動開発(Swift編)トライアルコース (無料)

Swiftでテスト駆動開発を学ぼう!

主催 : Technologic Arts Inc.

募集内容

イベントの説明

「テスト駆動開発(Swift編)トライアルコース(無料)」開催

弊社が長年提供し続けているトレーニングコース
「テスト駆動開発」をSwift言語にて【20名限定】でトライアルを開催します。

お申し込みは下記URLからお願いします

http://www.tech-arts.co.jp/seminar/apply/TDDSwift

※お手数ではございますが、弊社申し込みサイトから
お申し込み下さいますようお願いいたします。

概要

アジャイル開発の中でもキープラクティスの一つであるTDD(テスト駆動開発)について、実践形式で学習します。
実践はペアプログラミングで行います。
特に開発現場でよく使われるものを取り上げ、実装コードを交えながら解説します。

■日時:2016年3月29日(火) 13:00〜17:00(受付開始12:45〜)
■場所:Days赤坂見附
■参加費:無料/事前登録制

■参加条件:
・アジャイル開発手法の概要を理解していること(アジャイル開発入門の受講を推奨)
・対象言語で基本的なプログラミングができること

■当日持参頂くもの
・名刺
・ノートPC(Xcodeをインストール、または、IBM Bluemix Swift Sandboxへアクセス出来るようにしておいてください。)

内容

  1. テスト駆動開発の位置づけ
  2. 演習:三角形
  3. デモ:テストデータのセットアップ
  4. 演習:複数チーム
  5. TDDと品質管理

発表者

長瀬 嘉秀(ながせ よしひで)
株式会社テクノロジックアート代表取締役

1986年、東京理科大学理学部応用数学科卒業。朝日新聞社を経て、1989年株式会社テクノロジックアートを設立。OSF(OPEN Software Foundation)のテクニカルコンサルタントとして DCE(Distributed Computing Environment)関連のオープンシステムの推進を行う。OSF 日本ベンダ協議会 DCE 技術検討委員会の主査を務める。UML Profile for EDOC の共同提案者、ISO/IECJTC1 SC32/WG2 委員、UMLモデリング推進協議会(UMTP)発起人。明星大学情報学部講師。元中国浙江大学客員教授。
著書・訳書として、『独習UML』(監修、翔泳社)、『XPエクストリーム・プログラミング入門』(監訳、ピアソンエデュケーション)、『独習Ruby』(監修、翔泳社)、『オブジェクト脳の作り方』(監修、翔泳社)、『カンバン ソフトウェア開発の変革』(監訳、リックテレコム)、その他多数。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

Technologic Arts Inc.

Technologic Arts Inc. さんが テスト駆動開発(Swift編)トライアルコース (無料) を公開しました。

2016/03/14 13:42

テスト駆動開発(Swift編)トライアルコース を公開しました!

グループ

終了

2016/03/29(火)

13:00
17:00

募集期間
2016/03/14(月) 13:42 〜
2016/03/29(火) 17:00

会場

DAYS赤坂見附

東京都港区赤坂3-9-1 紀陽ビル

DAYS赤坂見附